テーブルを最高額で売却するための情報が満載!

厨房買取り査定JP
メールでのお問い合わせ
入力3分!無料査定依頼

テーブルとは

飲食店舗はお客様に店内で食事をして頂いたり、お酒を飲んで頂いたりしますので、必ず、椅子とテーブルが店内にあります。
この椅子とテーブル、椅子のコーナーでも紹介していますが、非常に重要です。
椅子の座りやすさは客席回転率と非常に密接な関係があることは、椅子のコーナーで説明しています。
では、テーブルは何と密接な関係にあるか、それは客席数そのものです。

店舗物件を決める際、まずは事業計画を立てますが、その時最も重要なことは、何席取れるかです。
それを元にお店の売上を決めるわけですから、オープンしてみたらその席数が入らなかった、ではお話になりません。ですから、必ず決めた席数を確保しなければなりませんが、その席数を決めるのは、テーブルの大きさが全てと言っても過言ではありません。

テーブルは広ければ広い方が快適なのは当たり前な話です。
ですから、極力大きなテーブルを入れればいいかと言われればそれは間違いです。
大きなテーブルを入れれば、決めた席数が入らなくなり、事業計画そのものが覆されてしまいます。
また、仮に入ったとしても、周りとの距離が近すぎては、やはり快適とは言えませんし、通路を圧迫してしまっていても、同様です。

そのため、そのお店にあった大きさのテーブルを確保することは、その飲食店の経営そのものと言ってもよいと思います。

このテーブルの大きさですが、業態によって最適な大きさは違います。
一人利用で、かつドリンクのみ注文が比較的多いカフェや喫茶店は小さい方がよいです。
一方、いろんな料理を注文し、並べてゆっくりする居酒屋では大きなテーブルが望ましいです。テーブルが小さすぎて、「テーブルに乗らないから後で頼みます」と言われ、結局頼んでもらえず売上を逃している飲食店も散見されます。 最適と言われる大きさは以下の通りです。

喫茶店・カフェ  50cm角、直径60cm
居酒屋      60~65cm角
焼肉・ファミレス 65~75cm角

買取り査定のポイント

テーブルを売却する場合、以下の点に注意しましょう。

テーブルは前述した通り、大きさが非常に重要な商品です。
そのため、大きさがぴったり合わないものは、いくらかっこいいおしゃれな商品であっても中古ニーズに繋がりません。
また、1つや2つといった売れ方はしませんので、それなりに数も必要がです。

また、熱機器の中でもオーブンは、ガスコンロと比べ、年式により性能も著しく向上していますので、年式が新しい物ほど高額買取りの対象となります。不要と感じた場合は早めに売却を心がけましょう。

一方、テーブルは、飲食店の厨房機器や備品の中で、もっとも嵩張る商品の一つです。
そのため、買取り業者の倉庫を占領してしまう商品となってしまいます。

以上のことから、テーブルに関してはそこまで高額買取りが期待できない商品になります。

しかし、テーブルは非常に嵩張る商品なため、処分するにも非常に高くついてしまいます。
その点、厨房機器の買取り業者であれば、無料で引き取ってもらえたりというメリットがあります。
そのため、テーブルを売却する場合、極力他の厨房機器とセットにすることで、買取りの対象になります。

テーブルは日頃から食材をおくものですので、油汚れや傷がついている場合が多くあります。やはり汚れが目立つものは買取りが難しいため、クロスを敷く等、日頃のメンテナンスを怠らないことをオススメします。

当サイトの提携業者では、場合によっては高額買取も可能ですので、まずは、「無料一括査定」よりお申込み下さい。

入力はわずか3分、回答も24時間以内で、
大切な厨房機器の買取りをサポートいたします。
少しでも高い価格での売却のため、是非ご活用ください。

無料査定依頼