ショーケースを最高額で売却するための情報が満載!

厨房買取り査定JP
メールでのお問い合わせ
入力3分!無料査定依頼

ショーケースとは

ショーケースとは、一般的には商品を陳列する棚のようなもの全般の名称ですが、こと飲食店の厨房機器におけるショーケースとは冷蔵庫の一種です。
そのほとんどがスライド式の扉になっていて、「ショーケース」と呼ぶだけあって、中身が見えるような透明の扉になっています。

主に、飲み物(瓶ビールやジュース等)を冷やしていることが多く、食材はあまり入れているのをみかけません。やはり食材は冷蔵庫、飲み物はショーケース、ということが多いようです。

中が見えるので、どこに何が入っているかが一目瞭然である点、
飲み物をディスプレイするので、厨房内だけではなく、ホールにおいても違和感がない点が非常に便利な点です。

大きさも非常にバラエティーに富んでいて、ジュースのみを冷やすような小さなものから、業務用冷蔵庫の6枚扉に匹敵するほど大きなものまで様々です。

また、冷凍機能がないものがほとんどなのが、業務用冷蔵庫との違いです。
主に飲料を冷やす目的で使われますので、冷凍機能は必要ないためです。

ショーケースはその使い勝手のよさから、ほとんど全ての飲食店に一つはあると思います。
飲料はほとんど全ての飲食店でメニューとしてあるので、ショーケースは非常に重宝されています。

買取り査定のポイント

ショーケースを売却する場合、以下の点に注意しましょう。

一番注意しなければいけない点は、ショーケースの場合、ビールメーカーや酒屋から支給(レンタル)されていることがあるので、売却してはいけない(返却しなければいけない)場合があります。
今はビールメーカーや酒屋もそんなに余裕があるわけではないので、ショーケースを贈答したり、貸したりするケースはほとんどありませんが、昔はよくあったようです。
そのため、そのショーケースが本当に自分のものか、よく確かめましょう。

次に、ショーケースは飲み物を入れておくため、ショーケース内に飲み物がこぼれた跡ががこびりついていることも多くあります。
やはり、綺麗なショーケースの方が高い買取り査定額がつきますので、ショーケース内を綺麗に拭いたりして、清潔な冷蔵庫にしておきましょう。

また、ショーケースは、大きさが様々なので、その大きさによって値段が決まると言っても過言ではありません。
もちろん大きいものの方が元の値段は張りますが、通常、大きいものは一般的な飲食店というよりは、大箱の居酒屋等で使用されます。大箱の居酒屋は基本的には大手の飲食チェーンさんが運営しているケースが多く、中古ニーズはあまり高いとは言えず、元値に対してよい金額はつきにくい商品となります。
一方、個人店が入れるショーケースは小型のものが多いため、小型のショーケースは非常にニーズの高い商品となります。そのため、元値に対しても良い買取り査定金額が出るケースが多いようです。

いずれにしても、ショーケースは、ほとんどの飲食店で使用するため、中古ニーズが非常に高い商品です。
ですから、不要と感じた場合は早めに売却することを心がけましょう。
また、必ず相見積もりをとって、最高額で売却できるようにしましょう。

ショーケースの主要メーカー

【ホシザキ】
ホシザキ電気。冷機では圧倒的なシェアを誇るホシザキ電気。
業務用冷蔵庫のシェアは50%にも及ぶ、一番人気のメーカーです。

【フクシマ】
福島工業。業務用冷機大手で東証一部上場企業。

【パナソニック(サンヨー)】
家庭用、業務用共に定評あり。ショーケースは主に三洋電機が作成。

【ダイワ】
大和冷機工業。業務用冷機一本で勝負する、冷機では他のメーカーと一線を画す品質。

入力はわずか3分、回答も24時間以内で、
大切な厨房機器の買取りをサポートいたします。
少しでも高い価格での売却のため、是非ご活用ください。

無料査定依頼