茹で麺器を最高額で売却するための情報が満載!

厨房買取り査定JP
メールでのお問い合わせ
入力3分!無料査定依頼

湯で麺器とは

湯で麺器とは、文字通り、麺類を茹でるための機材で、麺を茹でる機材の総称です。
麺には中華麺、そば、うどん、パスタとそれぞれありますが、それぞれ仕様が違っており、一般的に「湯で麺器」というと、中華麺を茹でるラーメン屋さんによく設置されている機材をそう呼ぶことが多いようです。
そのため、うどんであれば、例えば「ガスうどん釜」と呼んだり、パスタであれば、「パスタボイラー」・「スパゲッティボイラー」と呼んだりします。

中華麺を茹でる湯で麺器や、立ち食いそば、立ち食いうどん店で見られるような湯で麺器については、主に角型で、数個のざるを入れることができるような使用になっており、本格的なお蕎麦屋さんや、うどん店では、丸型で大きな釜が一つあるようなタイプになっています。
パスタボイラーは特に中華麺と同様のタイプから、卓上のものまで様々です。
但し、主にパスタや中華麺、どの使用にも対応できて、ざるの大きさが違うだけ、という場合もあります。

主に自立型の機材で基本はガスを使用するタイプですが、中には電気を使用するタイプのものもあります。
ラーメン店や、うどん店、そば店、パスタ店にはこれがないと商売にならないというくらい必須の機材になります。

最近の湯で麺器には、麺を入れた瞬間に温度が下がらず、早く美味しく茹で上げられるような工夫がなされていたり、固まっている麺をほぐすような工夫がなされていたりします。
また、自動点火装置や安全装置等の装置が装着されていたりもします。

買取り査定のポイント

湯で麺器を売却する場合、以下の点に注意しましょう。

湯で麺器は、特に塩茹でをしていたりすると、使用頻度にもよりますが、製品に穴が空いてしまったりと、非常に壊れやすい商品の一つです。
また安全装置等、精密部品についても故障しやすい箇所です。
故障していると、買取り価格はぐぐっと下がってしまいますので、日々のメンテナンスをかかさないようにしましょう。

湯で麺器は、その使用用途が限られるため、大きな需要があるとは言えませんが、個人での独立開業の多いラーメン屋さんやお蕎麦屋さん、うどん店では必須の商品のため、中古ニーズは非常に高い商品と言えます。
厨房機器専門の買取り業者によっては、購入するお客様を既に抱えているケースも多いため、なるべく多くの相見積もりを取って高額査定に結び付けましょう。
まずは「無料一括査定」で査定をしてみて下さい。

湯で麺器の主要メーカー

【タニコー】
非上場ながら、厨房機器の業界大手。

【マルゼン】
主に火器が強く、湯で麺器でもタニコーと並びトップシェアを誇る。

【フジマック】
業務用厨房機器を冷機・火器全般扱う総合メーカー。湯で麺器の部門でも人気。

【オザキ】
ガス機器専門のメーカー。湯で麺器や機器の分野では他のメーカーと一線を画す品質。

入力はわずか3分、回答も24時間以内で、
大切な厨房機器の買取りをサポートいたします。
少しでも高い価格での売却のため、是非ご活用ください。

無料査定依頼