ネタケースを最高額で売却するための情報が満載!

厨房買取り査定JP
メールでのお問い合わせ
入力3分!無料査定依頼

ネタケースとは

ネタケースとは、文字通り、寿司ネタを冷蔵保存するためのディスプレイケースであり、寿司店専用の機材です。
そのほとんどが寿司店や和食店のカウンター部分に沿って置かれるものであるため、カウンターの大きさに合った特注品であるケースも多く見られます。

寿司ネタを乾燥から守るため、庫内上部に冷媒管を配置し冷気を自然落下させるタイプと冷媒管の代わりに冷風をダクト内に通すタイプがあり、いづれも庫内に冷風を循環させないようになっています。

ネタケースは単純に冷蔵保存する役割の他、お客様に新鮮なネタを見せるディスプレイ的な役割もあることから、ネタケース内に照明が設置されています。最近のものはこの照明がLED仕様になっているものもあります。
また、ディスプレイとして、もう一つ工夫がなされています。
それは角度です。
多くのネタケースはお客様に見やすいように底面が前面に傾斜していると共に、職人からもお客様からもネタが見やすいよう、天面や前面に角度が設計されています。

また、ネタケースはお客様に直接提供する生物を保存するためのケースですから、とにかく衛生的でないといけません。この点も最新式のものは、清掃がし易い工夫がなされている等、衛生管理にとても気を使った商品になります。

また、ネタケースはそのネタの鮮度を保つことが重要です。通常の冷蔵庫はその性質上、5~6度の幅で温度が上下しており、湿度も60%前後ですが、鮮度を保つため、庫内温度幅が1度前後に保たれ、また湿度も90%以上の、「恒温高湿庫」と呼ばれる優れものも登場しています。

買取り査定のポイント

ネタケースを売却する場合、以下の点に注意しましょう。

ネタケースは、生ものを保存しなければならない商品のため、その衛生管理には非常に注意しなければならない商品です。
清掃が行き届いておらず、汚くなったネタケースは買取りの価格が下がってしまいますので、日頃から清掃を怠らない等、綺麗な状態に保っていることが高額買取りの秘訣です。

ネタケースは寿司店や和食店以外でのニーズがないことから、その需要はあまり高くなく、高額買取りの対象にはなりにくい商品です。
但し、流通量も少ない商品ですので、お客さんを抱えている買取り業者は、高額で買い取ってもらえる可能性もあります。そのため、多くの愛見積もりを取って高額査定に結び付けましょう。
当サイトの一括見積もりシステムで最高額で売却できるようにしましょう。

ネタケースの主要メーカー

【ホシザキ】
ホシザキ電気。冷機では圧倒的なシェアを誇るホシザキ電気。一番人気のメーカーです。

【フクシマ】
福島工業。業務用冷機大手で東証一部上場企業。

【パナソニック(サンヨー)】
家庭用、業務用共に定評あり。ネタケースは主に三洋電機が作成。

【ダイワ】
大和冷機工業。業務用冷機一本で勝負する、冷機では他のメーカーと一線を画す品質。

入力はわずか3分、回答も24時間以内で、
大切な厨房機器の買取りをサポートいたします。
少しでも高い価格での売却のため、是非ご活用ください。

無料査定依頼