餃子焼き器を最高額で売却するための情報が満載!

厨房買取り査定JP
メールでのお問い合わせ
入力3分!無料査定依頼

餃子焼き器とは

文字通り、餃子を焼くための専門機材です。
餃子を提供する業態ということで、最近は餃子の専門店も出てきていますし、中華料理店では必須、その他、居酒屋やラーメン店等に設置されています。

主に鉄板に蓋ができるような機器となっており、手動で全て行うタイプと、全自動で注水からタイマー管理までできるもの等様々です。

ガス式、電気式があり、主に大手チェーン店では全自動の電気式が一般的、個店ではガス式が多く見かけられます。最近、電気式のものでは省エネ化が進んでいて、人気商品となっています。

また、餃子焼き機は油も使用するため、汚れやすい商品ですが、最近は清掃が簡単に行えるような工夫がなされていたり、1個1個の餃子が均一に焼きあがるような工夫がなされています。

卓上の簡単なものから、自立式の大型のものまで大きさは様々で、鉄板の数も1つのタイプから、多数あるものまで様々です。大手チェーン店等では、一皿分の鉄板が数多くあるような餃子焼き器も使用さえています。

買取り査定のポイント

餃子焼き器を売却する場合、以下の点に注意しましょう。

餃子焼き器は、その特質上非常に汚れやすい製品です。
特に油を多量に使用するため、少し手入れを怠ると、餃子焼き器は油でベタベタになってしまいます。
また、焦げ目がつく商品ですので、手入れが行き届いていないと、焦げ目で真っ黒になっているケースをよく見かけます。
汚れた機器よりも綺麗な機器の方が当然高く売れるわけですが、この長年蓄積した焦げた汚れを自力で取るのは非常に困難です。常日頃から清掃を忘れないようにしましょう。特に油汚れは落としずらいので、専用の洗剤を使って毎日清掃することをお勧めします。

餃子焼き器については、年式によって省エネ性能や全自動機能の質に差が出てきますので、不要と感じた場合は早めに買取査定を依頼することをお勧めします。

餃子焼き器はあくまで中華料理やラーメン店の専門の機材ですので、多くの飲食店が使用する機器とは言えません。そのため、飲食店運営においてどのお店でも必要な製氷機や冷蔵庫程、ニーズの高い商品とは言えません。
しかし、中華料理やラーメン店は大衆料理として定着しており、独立希望者も多い業態です。特にダクトやグリストラップにお金のかかる中華料理では、厨房機器を安く押さえようというニーズも多くあります。
まずは「無料一括査定」で査定をしてみて下さい。

餃子焼き器の主要メーカー

【タニコー】
非上場ながら、厨房機器の業界大手。

【マルゼン】
主に火器が強く、餃子焼き器ではタニコーと並びトップシェアを誇る。

【フジマック】
業務用厨房機器を冷機・火器全般扱う総合メーカー。餃子焼き器の部門でも人気。

【ニチワ】
電気厨房機器専門のメーカー。電気餃子焼き器の分野では他のメーカーと一線を画す品質。

入力はわずか3分、回答も24時間以内で、
大切な厨房機器の買取りをサポートいたします。
少しでも高い価格での売却のため、是非ご活用ください。

無料査定依頼