冷凍ストッカーを最高額で売却するための情報が満載!

厨房買取り査定JP
メールでのお問い合わせ
入力3分!無料査定依頼

冷凍ストッカーとは

文字通り、食材を冷凍保存するための専用機材です。
飲食店において、食材管理は生命線ですので、冷凍保存をすべき食材は必ず出てきます。
ですので、だいたいどの飲食店舗にも冷凍ストッカーは設置されています。

「冷凍をする」という機能面だけの話をすれば、冷凍冷蔵庫やコールドテーブルと同じですが、各飲食店では、業務用冷蔵庫やコールドテーブルと冷凍ストッカーをしっかり使い分けているようです。

まずは、値段です。冷凍冷蔵庫やコールドテーブルはとても高額な商品となりますが、冷凍ストッカーの場合、大きさにもよってしまいますが、安いものですと2万円くらいからあります。
ですから、冷蔵は冷蔵庫やコールドテーブル、冷凍は冷凍ストッカーと区別している飲食店舗が非常に多く見られます。

また、同じ「冷凍」と言っても、食材によってその適正な冷凍温度は違います。
冷凍ストッカーも最近は温度調節が用意にできるものも増えてきましたが、一般的には-20度程の通常の冷凍温度になるため、主に食材を冷凍しておくのに適しています。
一方、冷凍冷蔵庫やコールドテーブルは-20~-60度まで温度調節が可能であるため、例えばアイスクリーム等の冷凍保存などもできます。
そのため、いろんな食材を扱う飲食店舗ではこのように温度管理上の問題で使い分けているケースもあります。

冷凍ストッカーは大きさも様々で片手で簡単に持ち上げることが可能なくらい小型のものから、500L以上の超大型のものまで様々です。

多くはふたが上部についている形態ですが、中には横のスライド式のものや、一見家庭用冷蔵庫に似ている扉の開閉式のものもあります。

買取り査定のポイント

冷凍ストッカーを売却する場合、以下の点に注意しましょう。

冷凍ストッカーは、大きさによって値段の大きく違う商品です。
小型で数万円で購入した商品となると、未開封品等であれば別ですが、通常使用した中古品ともなると、中々買取りまでには結びつきません。
一方、大型のものは高額ですので、買取りの対象になります。

冷凍ストッカーは食材を入れておく商品のため、汚れているケースも多々あります。もちろん、綺麗な冷凍ストッカーの方が高い買取り査定額がつきますので、常日頃から、清潔な状態を保つようにしておきましょう。

冷凍ストッカーは、どの飲食店でも必ず使用するため、中古ニーズが非常に高い商品です。
ですから、不要と感じた場合は早めに売却することを心がけましょう。
また、必ず相見積もりをとって、最高額で売却できるようにしましょう。

冷凍ストッカーの主要メーカー

【ダイレイ】
冷凍ストッカーの部門では一番人気。超低温技術は他の追随を許さない。

【サンデン】
東証一部上場企業。自動販売機や住環境機器と共に冷蔵機器については飲料用ショーケースから冷凍ストッカーまで様々な製品をラインナップし、他社にない寸法製品もある。

【レマコム】
冷蔵・冷凍機器に強く、特に冷凍ストッカーでは高機能で人気。

入力はわずか3分、回答も24時間以内で、
大切な厨房機器の買取りをサポートいたします。
少しでも高い価格での売却のため、是非ご活用ください。

無料査定依頼