中華レンジを最高額で売却するための情報が満載!

厨房買取り査定JP
メールでのお問い合わせ
入力3分!無料査定依頼

中華レンジとは

中華レンジとは、ガスコンロの中でも、中華料理専用のものです。
強力な火力で一気に炒める中華料理では、通常のガスコンロでは役不足で、専用のガスレンジが必要になります。それがこの中華レンジと呼ばれているものです。

火力が必要ですから、そのほとんどがガスを使用します。
一般的な中華料理店で15,000~18,000kcal/バーナー
高級中華料理店では、25,000~40,000kcal/バーナーという仕様になっています。

一般的なガスコンロは五徳と呼ばれる口で1口~7口以上の複数の口を持ちますが、中華レンジの場合は、「中華釜枠」と呼ばれる特殊なもので、輪形の台で構成されていています。
これは熱効率が大変高く、そこの丸い中華鍋を安定して捕らえることができます。
また、ワークトップは水が流れるように3方が縁取りされています。

「中華レンジ」は「レンジ」とついていますが、下にオーブンがついているわけではありません。
口数は1口~3口くらいが一般的で、寸胴でスープを取るための、大型の1口が併設されていたりします。

中華料理店やラーメン店以外で使用することはありませんが、逆に中華料理店では必須のアイテムになります。特に高級中華料理店では、シェフの感覚が重要なため、高さや仕様を綿密に打ち合わせていく必要があります。

買取り査定のポイント

中華レンジを売却する場合、以下の点に注意しましょう。

中華レンジは、その特質上非常に汚れやすい製品です。
特に油を多量に使用する中華料理において、その最前線にある中華レンジは油でベタベタ。
何の手入れもせず使用し続けると、炒めたりした際に飛んだ食材が熱で焦げ、中華レンジ全体が真っ黒になっているケースをよく見かけます。
この長年蓄積した焦げた汚れを自力で取るのは非常に困難です。常日頃から清掃を忘れないようにしましょう。特に油汚れは落としずらいので、専用の洗剤を使って毎日清掃することをお勧めします。

中華レンジについては、年式によってものすごく性能に開きがあるわけではないので、綺麗に使ってさえいれば、多少年式が古くても買取り対象になる場合があります。
常日頃のメンテナンスを怠らないようにするのが、高額買取りの秘訣です。

中華レンジはあくまで中華料理専門の機材ですので、中華料理店かラーメン店くらいしか使用しません。そのため、飲食店運営においてどのお店でも必要な製氷機や冷蔵庫程、ニーズの高い商品とは言えません。
しかし、中華料理は大衆料理として定着しており、独立希望者も多い業態です。特にダクトやグリストラップにお金のかかる中華料理では、厨房機器を安く押さえようというニーズも多くあります。
まずは、無料一括査定よりお申込み下さい。

中華レンジの主要メーカー

【タニコー】
非上場ながら、厨房機器の業界大手。

【マルゼン】
主に火器が強く、中華レンジではタニコーと並びトップシェアを誇る。

【フジマック】
業務用厨房機器を冷機・火器全般扱う総合メーカー。ガスコンロの部門でも人気。

【オザキ】
ガス機器専門のメーカー。ガス機器の分野では他のメーカーと一線を画す品質。

入力はわずか3分、回答も24時間以内で、
大切な厨房機器の買取りをサポートいたします。
少しでも高い価格での売却のため、是非ご活用ください。

無料査定依頼