椅子を最高額で売却するための情報が満載!

厨房買取り査定JP
メールでのお問い合わせ
入力3分!無料査定依頼

椅子とは

飲食店舗はお客様に店内で食事をして頂いたり、お酒を飲んで頂いたりしますので、必ず、椅子とテーブルが店内にあります。
特に飲食店における「椅子」は非常に重要で、客席数や客の滞在時間、客席の回転数に大きく影響を及ぼします。それはつまり、客単価、最終的にお店の売上そのものと言ってもよいと思います。

例えば、ラーメン屋さんや丼物業態、ファストフード等、客単価が安い業態ではその分客席回転率で勝負をしますので、開店率が上がるよう、背もたれのない椅子が使用されます。
これは客単価の安い居酒屋業態でも同じです。
一方、客単価が4,000円を越えるような居酒屋では、しっかりと背もたれのある椅子を使用しないとお客様が来ませんので、椅子の快適さも重要です。
また、単価の高いカフェ等空間を売るような業態も椅子の快適さは非常に重要になります。

飲食店における椅子は高さも非常に重要です。
テーブルの高さと椅子の高さがしっかりマッチしているか否かで、食事のしやすさが格段に違います。
一般的には、椅子とテーブルの高さの差が250mm~300mmとなりますが、これも業態次第。
よく、とっても椅子が高くて座りずらいカフェなんかを目にしますが、座りずらければ当然長居しませんので、これもまた席回転率のお話なんですね。

もう一つ飲食店の椅子において重要なのが、素材です。
例えばビニールレザー、革、布等がありますが、それぞれメリットデメリットがあります。

【ビニールレザー】
メリット:耐久性がある。掃除が簡単。
デメリット:チープな印象になってしまう。 タバコの火に弱い。

【革】
メリット:高級感が出る。
デメリット:価格が高い。

【布】
メリット:様々な種類がある。
デメリット:耐久性がない

【プラスチック】
メリット:価格が安い。耐久性がある。掃除もし易い。
デメリット:チープな印象。

【木】
メリット:耐久性もあり、デザインも豊富。
デメリット:重い。値段の割にはチープな印象になってしまう。

買取り査定のポイント

椅子を売却する場合、以下の点に注意しましょう。

椅子はその飲食店の雰囲気を決めてしまう大切なものです。
高さや素材、デザインも重要なことから種類も非常に豊富にあります。
そのため、椅子については、皆さん新品で選びたい傾向にあり、中古であり合わせで済ますニーズが少ないため、あまり高額な買取りは期待できません。

また、椅子はそのお店の席数分がないと使い物にならない商品です。
1~2脚という少ないロット数ではなかなか買取りの対象にはなり得ません。

買取り業者からしても売れる見込みはあまりないのにも関わらず、それなりにスペースをとる商品ですので、多くの買取り業者は椅子やテーブルと言った家具類は積極的な買取りはしません。

しかし、椅子の中でもブランド品や革張りのソファーともなると、非常に高額商品です。
また、最近では、種類の違う椅子、ソファーをランダムに配置することで、デザイン性をもたせるようなお店も増えてきました。

このような商品の高額買取りは劣化状況をとても重要視されます。
劣化しているものは買取りどころか処分品になってしまいますが、綺麗な状態が保たれていれば高額買取りにも繋がります。

椅子は処分するにもお金がかかります。
当サイトの提携業者では、場合によっては高額買取も可能ですので、まずは「無料一括査定」で査定をしてみて下さい。

入力はわずか3分、回答も24時間以内で、
大切な厨房機器の買取りをサポートいたします。
少しでも高い価格での売却のため、是非ご活用ください。

無料査定依頼